石川県斎場.compowered by いい葬儀

0120-961-513

0120-205-530

通話無料24時間365日受付

  • 金沢市東斎場

    金沢市金沢市東斎場

  • 金沢市南斎場

    金沢市金沢市南斎場

  • 家族葬のともか 金沢西念

    金沢市家族葬のともか 金沢西念

  • 一休さんの米永 神谷内館

    金沢市一休さんの米永 神谷内館

  • 一休さんの米永 増泉館

    金沢市一休さんの米永 増泉館

  • 家族葬のともか 金沢藤江

    金沢市家族葬のともか 金沢藤江

  • セレモニーハウス 金沢寺地

    金沢市セレモニーハウス 金沢寺地

葬儀をお急ぎの方

0120-205-530

通話無料・24時間365日いつでも受付

電話でのご相談の流れ

石川県のおすすめ斎場・葬儀場一覧

49件中1~20件表示

49件中1~20件表示

石川県の葬儀情報

石川県の葬儀の風習

全国的に、葬儀では全員が黒の喪服を着用するというのが一般的ですが、石川県の葬儀では喪主に当たる人だけではありますが白装束の衣装をまとう習慣があります。これは、出棺をして火葬場にいくまでの服装に限られています。
今日では喪服というと黒で統一されていますが、もともと日本の喪服は白が用いられてきました。今でも結婚式で女性が黒留袖を着用するように、黒はおめでたい席で着用する色とされていました。しかし、明治時代に入り皇室喪服規定により外国の喪服で多く使用されている黒を日本でも喪服の色とするように定められたため今日では黒が使用されていますが、昔からの喪服として白装束が使用されています。

石川県での葬儀のしきたり

石川県は、全国的に見ても仏教を精神生活の支えとする人が多いエリアと言われています。そのために、葬儀の祭壇には立派なものが使用されていることが多いです。火葬の際には骨壺が2つ用意されて分骨され、そのうちの一つは菩提寺に納められます。葬儀の後に自宅に戻る際には塩で清めるというのが多いものですが、石川県では塩とともに糠(ぬか)が使用されます。お清めは仏道ではなく神道からきているものであり、神道のお供えに稲穂が含まれていることから糠が使用されたと言われています。法要は、初七日までは簡素化して行われますが、一周忌は盛大に行われるケースも多いです。

「石川県斎場.com」姉妹サイト